読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったりFLYON、目的地はJGC(仮)

いつかJGC会員になれる日まで、マイル貯めつつときどき旅を楽しみます。

ステマブログと言われないために気をつけるべきこと

ポレット(Pollet)記事大量発生事案

3月に陸マイラー界隈で、ハピタスのプリペイドカード「ポレット(Pollet)」に関する記事が大量に投稿され、ちょっとざわついたことがありました。

内情はテラヤマアニさんが暴露されていましたが、どうやらハピタスからマイラーさんに対して、ブログ記事掲載の依頼があったようです。

 

これが本当だとすると(本当だと思いますが)、私の理解ではステルスマーケティングにあたりうる事案ではないかと思います。

 

ステマブログとそうじゃないブログの境目は?

ステルスマーケティングとは

Wikipediaによれば、定義はこんな感じです。

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略称はステマ。

「消費者に気づかれないように」というところがステルス(隠密、こっそり)ということですね。

 

ペニーオークション騒動

数年前になりますが、複数の芸能人がペニーオークション(ペニオク)を勧めるブログを書いてお金をもらっていた、という炎上事案がありました。

ペニーオークション詐欺事件 - Wikipedia

 

ステマを直接規制する法令上の定めは今のところない

現状、ステマをしたところでストレートに何か法令に違反するか、というと、そういうわけではありません。

(一応、ウソの広告ということになると「人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした」として、軽犯罪法違反の罪になる可能性はゼロではないようです。なお、この罪は広告主が主体ですが、教唆・幇助=そそのかしたり手助けした場合も罰せられます)

法令違反リスクというよりは、レピュテーション(風評)リスクという側面の方が強いかと思います。

 

なお、2011年に消費者庁が「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」というガイドラインを公表しました。

http://www.caa.go.jp/representation/pdf/111028premiums_1_1.pdf

が、このガイドラインは、「自分で書いたら優良誤認表示・有利誤認表示になるようなことを他人に依頼して書かせても同様に景品表示法違反になりますよ」ということを示しているだけで、「どういう場合がステルスで、どういう場合がステルスにあたらないか」ということには何も触れていません。

 

WOMマーケティング協議会のガイドライン「WOMJガイドライン」

法令に定めがない、ということで、他に何か基準を示してくれるものはないか、ということですがクチコミマーケティングを手がける会社等が設立した「WOMマーケティング協議会」という団体が、ガイドラインを公表しています。

このガイドラインは、WOMJ会員社のマーケティング活動を自主規制するという性質のものではありますが、ステマかステマじゃないかを分ける基準を示していて、参考になります。

WOMJ会員社からの案件でないとしても、ブロガーとしては「WOMJガイドラインに準じた記事を掲載している」ということが言えます。

WOMJガイドライン - WOMマーケティング協議会

 

具体的にどうすべきか、ということですが、キーワードは「関係性明示」です。

VI. 関係性明示

  1. 情報発信者に対し、WOMマーケティングを目的とした、重要な金銭・物品・サービス等の提供が行われる場合、マーケティング主体と情報発信者の間には「関係性がある」と定める。関係性がある場合には、その関係性は情報受信者が容易に理解できる方法で明示されるべきである。

  2. 関係性がある場合には、情報発信者に対し原則として関係性明示を義務付けなければならない。義務付けることが極めて難しい合理的な理由がある場合には義務付けなくてもよいが、その場合でも関係性が明示されるよう最大限の努力を行わねばならない。

  3. 関係性の明示の際には、WOMマーケティングのマーケティング主体の名称と、情報発信者への金銭・物品・サービス等の提供の有無は示されるべきである。金銭・物品・サービス等の提供の内容についても、詳細に示されることが望ましい。

WOMJガイドラインには解説がついていて、かなり具体的な表記まで踏み込んでいます。

例:
A社が自社商品Bについての推奨コメントを情報発信者C氏に依頼し、C氏がその対価として原稿料2,000円を受け取る場合。
望ましい表記:
A社の商品Bについて、原稿料2,000円を頂いてコメントしています。
望ましい表記:
A社の商品Bについて、謝礼を頂いた上でコメントしています。
望ましい表記:
A社の商品Bのモニター企画に協力しています。モニター企画についてはこちらのリンク(http://www.xxxxx)を参照ください。
※リンク先にモニター企画の内容として謝礼提供が記載されている。
望ましい表記:
(A社より謝礼あり)。
許容する表記:
A社の商品Bについて、A社より<金銭・物品・サービス等>の提供を受けています。
許容する表記:
A社の商品Bについて、PR活動に協力しています。
※「PR」表記有り。

 

「A社のPR活動に協力している」ということが記事中に記載されていれば、読み手としてはA社から依頼を受けて書かれた記事だということが認識できるので、「ステルスではない」といえるわけです。

関係性が明示されていれば、読み手は依頼を受けずに自主的に書いている記事と区別することができます。

 

依頼を受けて紹介記事を書くなら関係性の明示は必須 

ハピタスのPR担当者は、クチコミマーケティングに詳しくなかったのかもしれませんが、ブログを中心としたクチコミでPRしようという場合は、ステマだという非難を受けるリスクを極力小さくするために、ブロガーに対してPR表記を促すべきです。

ブロガーの方も、ステマとのレッテルを貼られないよう、誰かから依頼を受けて記事を書く際には関係性の明示をきちんとするというのが大事かと思います。

 

 

サンプル百貨店でお安く商品を手に入れよう

お買い物はインターネットが便利でオトク

なんでもインターネット通販で買えてしまう昨今。

かつて私は楽天ヘビーユーザーでしたが、数年前にAmazonプライム会員になって以来、メインはAmazonさんになりました。

送料無料で翌日には届くスピード感がたまりません。

 

ただ、急ぎじゃないけど買い置きしたい物などはAmazonではなく他のネットショップで買った方が安くあがることが多いです。

ということでいろいろと探してみた結果、最近はサンプル百貨店での買い物にハマっています。

 

サンプル百貨店とは

www.3ple.jp

 

「サンプル」という名前がついていますが、サンプルではなく普通の商品が、お試し価格で購入できるというのが魅力です。

メールで新規掲載された商品が紹介されるので、毎日メールが来るのが楽しみです。

 

ちなみに、ドコモさんがやっている「dショッピング」にも同じ名称で出店しています。

厳密に見比べていませんが、だいたい同じものが買えるようです。

どちらで購入するかはお好みで。

dショッピング サンプル百貨店 |ちょっプル-話題の商品が半額以下、送料込でお試し!

 

どんな商品が買えるのか

サイト内のカテゴリはこんな感じです。


・食品・調味料
・お菓子・スイーツ・アイス
・水・コーヒー・お茶・飲料
・ビール・ワイン・お酒
・洗剤
・キッチン・日用品
・ヘアケア・ボディケア
・コスメ・スキンケア・香水
・健康・ダイエット・サプリメント
・医薬品・医薬部外品 ※太田薬店で販売しています
・インテリア・家具・収納・寝具
・ファッション
・家電
・ベビー・キッズ・マタニティ
・ペット用品
・クーポン・資格・学習

というように、幅広く商品を扱っています。

メインは飲料・食品あたりで、たとえばこれなんか魅力的じゃないですか。

伊藤園 × TULLY'S のアイスコーヒー。

通常価格(値引きなし)だと10,419円する商品が、なんと3,520円で購入できます。

しかも消費税・送料込みでこの価格。格安です。 

多少安くなっていたとしても、コンビニでこの価格では買えないでしょう。

会社近くで買うコーヒーを、まとめ買いして家から持っていくだけでこれだけ節約できるんだからうれしい限りですね。

 

アイスのpinoなんかも安くていいなーと思いましたが、残念ながら48箱も入る冷凍庫なんてものは我が家にありません。。
 

サンプル百貨店利用にあたっての注意点

物によってはAmazonなど他のネットショップで買ったほうが安い場合もありますので、どれくらいお得かという確認は必要ですね。

まぁ、サンプル百貨店に限らず、買い物一般に言えることではありますが。

また、飲料では24本=ケース単位での発注だったり、どれもたいてい数量が多いので、飲み物などのように時間をかけて消費していけるものがいいんじゃないかと思います。

お手頃価格でお買い物しましょう。

Googleアドセンスに9日間・8記事で合格(2017年5月)

GWに少し自由になる時間ができたので、Googleアドセンスのアカウント開設に挑戦してみました。
申請からわずか9日目。

おめでとうございます!
アカウントの承認手続きが完了しました。

というメッセージに、いわゆるポップコーン画像がついたメールが届きました。
(一応、著作権に配慮してスクリーンショットは自粛)

参考になるかわかりませんが、私の実績も少しご紹介したいと思います。

申請に至るまで

きっかけはルールさんのブログ

大したPVがあるわけでもない私がなぜ申請することにしたかということですが、関連業界にいる身としては前からちょっと興味は持っていました。
そんな中、少し前にルールさんのブログを見て、試しにやってみようと思い立ったのでした。

申請までの情報取集

ルールさんの記事だけでなく、複数の情報を総合した方がいいだろう、ということで、Google先生に聞いてみました。
「Googleアドセンス 2017」などと検索するとたくさん出てきます。
この手の情報は鮮度が命。
いくら丁寧な解説でも古いとあまり参考にならないので、2017年以降の記事のみ、いくつかチェックして参考にさせていただきました。
その中でもトーンに違いがありますが、とりあえず最小限と思われる手間で通過しているルールさんの実績を踏襲することにしました。

申請の概要

今回の申請実績はこんな感じでした。

申請から承認までの日数 9日*1
審査サイト はてなブログpro
(審査用の別ブログ)
ドメイン .online
記事数 8件
(プライバシーポリシー含む)
1記事の文字数 1,012〜1,860
1日あたりPV数 ほぼゼロ、最大2
プライバシーポリシー あり
他サイトへのリンク あり
記事カテゴリ あり
画像の使用 なし
パンくずリスト なし
問い合わせフォーム なし

ルールさんも私もパンくずや問い合わせフォームなしで合格しているので、これらは必須ではない、ということなんでしょうかね。

独自ドメイン

アドセンス審査には独自ドメインが必須ですが、メインのまで変えなくてもいいか、と思い、お名前.comで安い種別から適当に取得しました。
ドメインによっては審査が通らない、ということを書いているのを目にしましたが、ダメもとでやるしかないのかなと思い、あまり気にしませんでした。
はてなブログへの設定は難しくありませんでした。

記事数

記事はGW中にある程度書き溜めて、2日に1本くらいのペースで予約投稿し、最初の投稿日から8日目にAdSenseを申請しました。
申請後、なんとなく1本だけ記事をアップしました。これで合計8記事です。
5記事で通過されたルールさんにはかないませんが、割とスムーズに承認してもらえてよかったです。

そういえば、一次審査・二次審査というのはなく、申請したら次は承認通知でした
今は二段階ではなくなったんでしょうか。。

文字数

文字数ははてなブログのカウントで平均するとだいたい1,200文字程度でした。
ただ、HTMLタグやURLの文字数もカウントされるようで、実際の文字数はもっと少ないと思います。
ネットの情報では1,500〜2,000文字という目安を見ることもありますが、そこまではいらないのかな、という印象です。

記事の内容

記事の内容はスポーツ新聞記事についての感想や、おすすめしたいものなど、本当につまらない、他愛のないものばかりです。。
リンクを貼ってクレジットカードやショッピングサイトの紹介はしましたが、著作権の問題が疑われるのを避けるために画像は使わず、ポイントサイトにも触れていません。

そのうち審査用ブログにアップした記事の一部をこちらのブログに移そうかなと思いますが、もし審査用ブログを見てみたいという(奇特な)方がいらっしゃいましたら、TwitterからDMをいただければと思います。

DOCK@2016〜2017JGC修行中 (@FLYONPOINT) | Twitter

通過してみての感想

なかなか通過しないということを目にしたこともあったので、9日で通過というのは拍子抜けしました。
いまだに「一次審査通っただけなんじゃ?」と思うこともありますが、ポップコーンメールが来てるということは最終合格なんですよね、たぶん。。

審査の厳しさ(ユルさ?)は申請した時期によるということなんでしょうか。
過去にダメだった方も、再チャレンジしてみてもよいのではないかと思います。
Google様の気が変わらないうちに。
私と同じようにやったからといって、合格を保証できるわけではないのですが…。

申請についてはルールさんのブログを読めばだいたいOKかと思いますが、私の結果もどなたかの参考になれば幸いです。

*1:はてなは複数ブログが作れるというので、半年くらい前に試しに開設したものの何も書いていないブログがあり、それを審査用としました。ただ、当然ながら独自ドメインにしたのは今月に入ってからですし、ブログの開設日は審査にあまり影響しないと思います。

そらとも倶楽部2017スプリングキャンペーン実績確定

そらとも倶楽部'17スプリングキャンペーン終了

2回目の参加となるそらとも倶楽部のキャンペーン。
※1回目はこちら


2017年2月1日~2017年4月30日の搭乗集計期間が終了しました。
3ヶ月間の搭乗実績はこうなりました。

メンバー 2月 3月 4月 合計
3 0 0 3
Aさん 7 6 2 15
Bさん 4 2 2 8
Cさん 12 0 0 12
Dさん 8 2 2 12
合計 34 10 6 50

メンバーのみなさんのおかげで搭乗回数は50回となりました。
私はというと、子どもが産まれたこともあり、今回はまったく貢献できませんでした。。

キャンペーンの達成状況は・・・無事達成!

キャンペーン特典の達成状況はこちら。

代表者達成特典

搭乗回数 代表者達成特典 結果
30回 5,000 e JALポイント+羽田空港国内線ラウンジ券1枚 達成!
20回 3,000 e JALポイント+羽田空港ラウンジ券1枚  
15回 2,000 e JALポイント+羽田空港ラウンジ券1枚  

グループメンバー特典

搭乗回数 グループ達成特典 結果
30回 3,000 e JALポイント+羽田空港国内線ラウンジ券1枚 達成!
20回 2,000 e JALポイント+羽田空港国内線ラウンジ券1枚  
15回 1,000 e JALポイント+羽田空港国内線ラウンジ券1枚  


特典付与は5月下旬の予定だそうです。

メンバーの皆さんのおかげでいずれも達成できました。
本当に今回は足をひっぱってしまって申し訳ないです(´Д`)

そのうち修行を再開できるときが来るといいのですが。。



そらとも倶楽部2016ウインターキャンペーン実績確定

そらとも倶楽部'16ウインターキャンペーン終了

初めて参加したそらとも倶楽部のキャンペーン。


2016年11月1日~2017年1月31日の搭乗集計期間が終了しました。
3ヶ月間の搭乗実績はこうなりました。

メンバー 11月 12月 1月 合計
4 5 9 18
Aさん 0 0 6 6
Bさん 0 0 9 9
Cさん 0 0 12 12
Dさん 0 0 7 7
合計 4 5 43 52

メンバーのみなさんのおかげで搭乗回数は50回を超えました!


キャンペーンの達成状況は・・・無事達成!

キャンペーン特典の達成状況はこちら。

代表者達成特典

搭乗回数 代表者達成特典 結果
30回 5,000 e JALポイント 達成!
25回 3,000 e JALポイント  
15回 2,000 e JALポイント  

グループ達成特典

搭乗回数 グループ達成特典 結果
30回 2,000 e JALポイント+羽田空港国内線ラウンジ券1枚 達成!
25回 1,000 e JALポイント+羽田空港国内線ラウンジ券1枚  
15回 羽田空港国内線ラウンジ券1枚  

ボーナス特典

搭乗回数 ボーナス達成特典 結果
20~29回 各1,000 e JALポイント  
30回以上 各2,000 e JALポイント 達成!

≪ボーナス特典適用条件≫
下記①②③のすべてを満たしたお客さまのみが対象となります。

①3名以上のグループ
②対象運賃で3名以上が各2回以上ご搭乗されたグループ
③対象運賃で2回以上ご搭乗いただいたお客さま

いずれも達成できました!
私ひとりでも少しはeJALポイントもらえるかなーと思って登録したのですが、
最終的にメンバーの皆さんに参加いただけて感謝感謝です。

2月下旬に付与されるらしいので、今から楽しみです。


スプリングキャンペーンも始まりました

JALさんからまたスプリングキャンペーンやるよーという案内をいただき、早速グループ作成しました。
JAL - JALそらとも倶楽部スプリングキャンペーン

今回は私はあまり乗れなさそうですが・・・。

JALカードを1年間メインで使ってみたらマイル還元率約1.4%でした

JALカードのマイル還元率は?

私は2016年からJALマイルを貯め始めました

JALカードも2016年につくって、1年間メインカードとして使ってみました。

ショッピングマイル・プレミアムに加入したので、 100円につき1マイルたまるということになります。

JALカードショッピングマイル・プレミアム(カードの機能) - JALカード

また、JALカードには特約店があり、特定の店で使うと100円につき2マイルたまるので、特約店で使うほど1%よりも還元率は高くなるわけです。

飛行機はJALにするのは当然として、コンビニはファミマを選ぶようにしました。      

2016年のJALカード実績を集計してみた

では実際の還元率はどのぐらいになるのか、私の2016年実績*1を公開します。

内訳 基本マイル 特約店加算 マイル合計 決済金額*2 還元率
JAL航空券 3,722 3,722 7,444 371,880 2.00%
ファミマ 463 463 926 44,605 2.08%
ピーコック 175 175 350 17,460 2.00%
BLUESKY 132 132 264 13,237 1.99%
マツキヨ 111 111 222 11,065 2.01%
ハックドラッグ 56 56 112 5,691 1.97%
東京無線 32 32 64 3,200 2.00%
機内販売 27 27 54 2,700 2.00%
ENEOS 7 7 14 695 2.01%
■特約店小計 4,725 4,725 9,450 470,533 2.01%
■その他 7,298 0 7,298 732,714 1.00%
■合計 12,023 4,725 16,748 1,203,247 1.39%

ということで、この1年間のマイル還元率は約1.4%でした。

もともと1%マイルが貯まればいいと思っていましたが、特約店でたくさん使うとこのぐらいにはなるんですね。

今度はショッピング以外のマイル実績についても集計してみたいと思います。

*1:明細が1ヶ月分消えており、その月は除外

*2:決済金額にはショッピングマイル・プレミアム(税込3,240円)を含む

BA特典航空券でも羽田サクララウンジクーポンは使えるのか

ブリティッシュエアウェイズ(BA)特典航空券はタッチアンドゴー不可

今年はクリスタルにとどめるということで、もうFOPはいらないので、BA特典航空券でJAL便に乗ることにしました。

職場を出るのがギリギリになってしまい、羽田に着いたときには出発25分前。。
BAの特典航空券の場合、タッチアンドゴーができないので、紙の搭乗券を発券してもらう必要があります。
(座席指定までは事前にPCからネット済ませることができます)

遅延・欠航が相次いだ日だったので、購入カウンターは長蛇の列。。
これは搭乗に間に合わないのでは…と不安になりつつ、グラウンドスタッフの方に聞いてみると、手荷物のカウンターに行くようにと言われました。
もしかすると、出発時刻が迫っていたからかもしれませんが、それほど待たずに発券してもらえ、助かりました。

ただ、今回は特例的にやってくれたかもしれませんので、基本的にはBA特典航空券の場合、いつも以上に余裕を持って空港につかなければいけないと思います。

BA特典航空券でも、JMBクリスタルのラウンジクーポンは使用できた

クリスタルに到達して、羽田空港国内線サクララウンジクーポンが付与されています。

※JALグループ便以外の他社便ご利用時は入室いただけません。

JALマイレージバンク - JMBクリスタル:ラウンジ

この注意書きを読んで、JAL便ではあっても、BA特典航空券で搭乗する場合、羽田サクララウンジクーポンは使えるのか?と疑問に思っていましたが、勇気を出してサクララウンジに寄って聞いてみました。
(出発が遅れていたので、保安検査場通過後に若干時間ができたのです)

私:あのー、えーと、つかぬことをお伺いするんですけど(オドオド)
お姉さん:はい、なんでしょうか(ニコニコ)
私:えーと、今日BAの特典航空券で搭乗するのですが(発券した搭乗券とJALアプリ内のラウンジキャンペーンページを見せる)、これは使えるのでしょうか?
お姉さん:確認いたします(端末カタカタ)マイレージカードはお持ちですか?
私:はい(JMBマイレージカードを差し出す)
お姉さん:ありがとうございます(JMBマイレージカードを読み取る)
(しばし沈黙)
お姉さん:大丈夫です。お使いいただけます(ニコニコ)
私:あ、ありがとうございます。なんだかすいません(そそくさとラウンジ内へ向かう)

JMBマイレージカードを紙の搭乗券と一緒に呈示すれば、BA特典航空券でも羽田空港サクララウンジクーポンが使えるようです。

なお、セカンドサービスということになっているものの、クリスタルカードが届く前にラウンジクーポンは付与されています。
羽田ベースの修行僧にはありがたいですね。

残念ながら今回はジンジャーエール1杯を流し込んで3分で退散しましたが、今度はもう少しゆっくりサクララウンジを楽しみたいと思います。