まったりFLYON、目的地はJGC(仮)

いつかJGC会員になれる日まで、マイル貯めつつときどき旅を楽しみます。

アメックスゴールド記事でアクセス激増

謎のアクセス急増にビビる

数日前、アメックスゴールド解約の電話についての記事をアップしました。

翌朝、アクセスが激増していて、その日は毎時間100以上のアクセスが。。

はずかしながら、普段は100行く日なんてほとんどないので、これは異常値ではないか?と疑い始めました。
また、アドセンスもどんどん増えていき、うれしいというよりなんどか気持ち悪くなってきました。

Googleアナリティクスを見てみる

イマイチ使い方を理解できていないのですが、ここはひとつGoogleアナリティクスをチェックしてみます。

  • ページ別訪問数の約85%はアメックスゴールド解約のエントリーでした。
  • ユーザー(参照元/メディア別)の70%は「google / organic」とあります。
  • ページビュー数(デバイス カテゴリ別)の86%は「mobile」でした。


これらを総合すると、大半の方が、スマートフォンを使って、Google検索して当ブログへアクセスしてくださった、ということになるかと思います。

うーん、、信じられない。。

どんな検索キーワードか知りたいのですが、アナリティクスではnot providedとnot setになっていて、これだけではわかりませんでした。

何かもっと細かく分析することができるのか、もう少し勉強してみたいと思います。

あっさり通常営業に戻る

このまま続くわけがない、と思いつつ、ほんの少し期待してしまうのが人間の性というものですが、そんなわけはありません。

翌日はまだ余韻が残っていましたが、もはや通常営業に戻り、よけいにあの日はなんだったんだろう、という疑問だけが残ります。

雨金祭りは終わっていなかった?

もしかしたら、昨年雨金祭りでアメックスゴールドを作った人たち(6月組)が、そろそろ解約しようということで検索したのかな、という気がしてきましたが、真相はよくわかりません。

突然のアクセス急増により、アドセンスの見積もり収益が最低支払額を突破したのですが、これは果たして成果として認められるのか、何か不正なことをして稼いだと思われてアカウント凍結されたりしたら、、など、なんだか不安ばかりが残る1週間となりました。

とりあえず、
「アメックスゴールド祭りはまだまだどこかで続いていて、これは亡霊の仕業か、幻か何かだ」
と自分に言い聞かせつつ、少しでも読んでいただけるような記事を書いていきたいと思います。

アメックスゴールド解約の電話をかけてみた

あの祭りから早1年

陸マイラーなるものを知って数ヶ月で遭遇した、「雨金祭り」

あれから早くも1年が経ちました。
初年度年会費無料だったものの、2年目からは約3万円の年会費がかかるため、継続するか否か検討したところ、2秒で解約の結論が出ましたw

念のため付け加えますと、アメックスゴールド自体はすごくいいカードだと思います。
ステータス面でも、サービス面でも。
ただ、私には使いこなせなかった、持て余したというだけで。
マイル交換レートが悪くなったこともあり、「これくらいの年会費を払うならSPGアメックスの方がメリットが多いかなー」と思ったので、解約の結論に至ったのでした。

コールセンターへ電話、ウワサの引き止めは?

ネットでの噂によれば、アメックスでは「年会費無料にするから継続しませんか?」といった引き止めを受ける人もいるとか。

15時頃にカード裏面のフリーダイヤルに電話したところ、5分ほど待つことになりました。

オペレーターさんに本人確認された後、解約したい旨を告げると、
「差し支えなければご解約の理由を教えていただけませんか?」
との質問。

これに対して、
「海外航空会社のマイルを貯めようと思っていたが、リワードプラスの交換レートが悪くなったので、年会費ほどのメリットを感じられなくなった」といった感じで返答しました。

すると、一瞬の静寂。


結果は、、、


「では残念ですがご解約の手続きを進めさせていただきます」
とのことでした。
あとは事務的な、引き落とし等の設定は変えてください、とか、ポイントはもう残ってないので大丈夫ですね、とかいう話で終了しました。


ということで、残念ながら引き止めはありませんでした。。

引き止められなかった理由を考える

もともと、それほど執着はなかったので、ショックもありませんでしたが、引き止められなかった理由を挙げてみます。

  • 年会費が退会の理由、とは言わなかった
  • そもそも雨金祭りをきっかけに入会した
  • 入会キャンペーンでは少額決済ばかりだった
  • 入会キャンペーン期間終了後は多くて月1,000円ほどしか決済していなかった
  • キャンペーンで獲得したポイントは航空会社マイルに交換してしまっていて、残高はほとんどなかった


ということで、カード会社にとってポジティブ要素はほとんどなかったので、期待するのもおこがましいですね。

私が先方の立場なら、こんな会員はさっさと辞めてもらった方がいいと思うでしょうw

ということで、私のような雨金祭り参加者はあまり期待しない方がいいかもしれません。


アメックスさん、1年間ありがとう。
機会があれば、またいつかお世話になりたいと思います。SPGアメックスなどで。

日本のプロレスは「技のインフレ化」を止めなければならない

Googleアドセンスに通過してもう少しで1ヶ月経ちます。

 

当然のことながら、アクセスしていただかないと収益は増えないわけですが、なかなか書けずにいます。。

あまり難しく考え過ぎても…ということで、以前審査用に書いたものを載せてみます。マイルにも修行にも一切関係ないですw
申請を考えている人には、こんなザ・雑感みたいな記事でもいいのか、という参考になればうれしいです。

 

 

レスラーの重篤なケガが相次ぐ

先日、高山善廣が試合中に頚椎を痛めたというニュースがありました。

 

高山善廣が頸髄損傷および変形性頸椎症で欠場 復帰時期は未定(東スポWeb・2017年05月05日 13時44分)

人気プロレスラーの高山善廣(50)が4日に行われたDDT豊中大会の試合後、救急搬送され頸髄損傷および変形性頸椎症と診断された。

(中略)

プロレス界では、3月3日に新日本プロレスの本間朋晃(40)が沖縄大会で邪道のグリーンキラーを受けて救急搬送され、中心性頸髄損傷で長期離脱。4月9日には新日・両国大会で柴田勝頼(37)がオカダ・カズチカ(29)との壮絶な打撃戦を繰り広げ、試合後に救急搬送されて急性硬膜下血腫のため緊急手術するなど、重傷者が相次いでいる。

ここ最近では、本間朋晃、柴田勝頼と、相次いで重篤なケガで離脱しているようです。

 

私のプロレス観戦歴

1990年代〜2000年代前半、まさに全日本プロレス四天王・新日本プロレス三銃士の全盛期には録画して欠かさず見ていました。そこからしばらくはWWEやドラゴンゲートも見ていました。

社会人になってからはあまり見ていませんでしたが、よく見ていた頃に比べて、最近はテレビで蝶野正洋、武藤敬司、天龍源一郎、長州力などのベテランに加え、真壁刀義、本間朋晃、オカダカズチカなど、プロレスラーのメディア露出が増えたなぁ、という印象を受けていました。

 

日本のプロレスは「技のインフレ化」が顕著

WWEでアメリカンプロレスをよく見るようになってから日本のプロレスを見て思ったのは、

「大技出しすぎじゃね?」

ということでした。

特にタイトルマッチなどでは、序盤は打撃技の応酬から始まり、中盤・終盤ではそれぞれが必殺技を何発もかけて、カウント2.9を何度も繰り返したうえで、一方が必殺技をコンボで決めてようやくカウント3つとれる、というのが当たり前といった感じでした。

他方、WWEなどを見ると、必殺技が1発決まればたいていカウント3つで試合終了することが多かったと思います。

 

日本では、必殺技だったはずの技がだんだんつなぎ技にランクダウンしていく=どんどん技の価値が下がっていってしまう、という「技のインフレ化」が顕著だと思います。

試合中の事故で亡くなった三沢光晴で言えば、タイガードライバーやタイガースープレックスが決め技だったのが、後に超大技としてエメラルドフロウジョンを加えました。

今にして思えば、蝶野正洋戦のとき、花道でエメラルドフロウジョンを決めたのが、インフレ化の最たるものでした。

 

プロレスの決め技は「説得力」である

ガチかガチじゃないかはこの際置いておくとして、、

プロレスは純粋なスポーツではなく、「エンターテインメント」「ショー」の要素が強く、観客は一方が他方に勝つということについて納得するかどうか、ということが重要なんだろうと思います。

観客に納得させるのが必殺技。

必殺技のかけあいを繰り返すことで納得させようとすると、どうしてもダメージが蓄積して、ひいては命にかかわるケガにつながりかねません。

技のインフレ化が進むと、それまでの必殺技よりもインパクトのある技=より危険な技をレパートリーに加えていくことになります。

 

アメリカのように完全にドラマ仕立てにしてしまうのがいいかはともかく、日本でもひとつの必殺技を大事にして、「この技が決まったら試合が終わる」と観客が納得するような試合展開を目指すべきではないかと思います。

また、選手の安全を確保するためには、あまりに危険すぎる技は禁止することも必要でしょう。

 

もう三沢が亡くなったときのような悲しい思いはしたくないので、日本のプロレスが持続可能なかたちに変わっていくことを祈っています。

 

スペイン版Grouponで買ったAviosをイベリア航空アカウントに反映する手順

スペイン版Grouponでイベリア航空のAviosを購入した後の手順を、備忘も兼ねて共有します。

Grouponからメールが届く

Grouponでの購入が完了すると、「Cupón para tu descuento」という件名のメールが届きます。
私は迷惑メールに入ってましたので、見当たらなければ迷惑メールフォルダを探してみてください。

真ん中にある緑のリンクボタンをクリックします。

ブラウザでGrouponのクーポンコード等を入力

Grouponのクーポンを表示

真ん中ちょい下の「enlace」というリンクをコピーしてブラウザで開きます。このURLです。
http://ticket.groupon.es/ticket_es/iberia/
そのままクリックしても飛べるのですが、クーポンからコピーして次の画面にペーストするので、別に開いておいた方がやりやすいと思います。

画面を切り替えつつ、コードをコピペ

次の画面で、クーポン左上の2つのコードをコピペして、メールアドレスを入力、チェックボックスにチェックを入れたら緑のリンクボタンがアクティブになってクリックできるようになります。
メールアドレスはGrouponとイベリア航空に登録しているアドレスを入れましたが、なんでもいいのかは不明です。

イベリア航空のマイレージ番号入力

8桁の数字です。IBは入力しません。
マイレージ番号はIBERIA PLUSから来ているメールマガジンに書いてあります。

Groupon側の処理は以上で完了

Google先生曰く、felicidades=おめでとう、らしいので、これで完了のはずです。。

何枚か購入しているのであればここまでの作業を繰り返します。

15日以内にイベリア航空のアカウントに反映されるらしいので、楽しみに待ちたいと思います。

Google翻訳でなんとかなる

スペイン語はまったくわからないので手間取りましたが、Google翻訳のおかげでなんとかなりました。
ただ、スペイン語→日本語は比較的精度が低いのか、イマイチ意味がわからなかったりするので、そういうときはスペイン語→英語で確認するといいと思います。

餃子の王将でオトクにご飯を食べるには

クレジットカード・電子マネーが使えない店舗が大半

餃子チェーン店といえば餃子の王将ですね。
www.ohsho.co.jp

アメトーーク!で餃子の王将芸人が放送された後ぐらいはどこもめちゃくちゃ混んでましたが、最近一時期の勢いはなくなったような気がします。
でも定期的に食べたくなるんですよね、王将の餃子、チャーハン。

だいたいの店舗はクレジットカードも電子マネーも使えず、いつもニコニコ現金決済でした。
店舗検索すると、電子マネーが使える店舗もちょこちょこありますが、使えないところがまだまだ多いです。

「ぐるなびギフトカード」が使えるらしい

ある日、王将でお会計を済ませたときに目に入ってきたのが、ぐるなびギフトカードのステッカー。

www.gnavi.co.jp

これを使えば王将でちょっとオトクにお食事ができそうです。

ぐるなびギフトカードの購入方法

公式サイトには購入方法は以下の4つが記載されています。
ご購入方法 - ぐるなびギフトカード

  • 銀行振込・代金引換 →ぐるなび食市場にて
  • 現金支払い・電子マネー →ローソン・ミニストップのLoppiにて
  • クレジットカード →ローチケ.comにて
  • 店頭購入 →チケットポートにて

ぐるなびから買ってもいいのですが、申込手数料(216円・税込)がかかります。

運がよければ、金券ショップでは定価より若干(500円につきMAX30円程度?)ですが、安く買えるようです。
また、メルカリでは送料込で額面より安く出品されているぐるなびギフトカードがたまに出てきますので、見つけたらクレジットカード決済で買い、それを王将で使えば、間接的ではありますがクレジットカードのポイントを貯めることもできます。

ぐるなびギフトカードの注意点

728円のお支払いだとしたら、500円券を1枚使って、残り228円は現金を使うことになります。
残念ながら、ジェフグルメカードと違って、お釣りは出ません

よくあるご質問 - ぐるなびギフトカード

Q おつりはでますか?

A ぐるなびギフトカードは現金とのお引換え、およびつり銭はご容赦いただいております。

ということで、持っているぐるなびグルメカードで切りの良いところまで払って、
残った端数は小銭で払うことになります。


細かいですが、塵も積もれば山となるので、コツコツ節約していきたいものです。

スペイン語版GrouponでAvios買ってみた

はじめてのイベリア航空avios購入

前々から買ってみたかったイベリア航空のAvios。
先ほどシンロンさんのブログを参考に購入してまみました。
ありがとうございます。

イベリア航空アカウントは以前作ってあったので、今回はいきなり購入です。
イベリア航空のイベリアプラス経由でGrouponへ飛ぶところまではよかったのですが、なぜか英語にしてログインしようとするとエラーになってしまったので、やむなくスペイン語で進めました。
(ブラウザを変えてもダメでした)
スペイン語はまったくわからないので、Google翻訳で日本語化して、なんとか決済まで無事に終えられたようです。

購入確認メールは当然スペイン語で、そのせいかGmailの迷惑メールに入ってました。
メールが来ないなーというときは、一度迷惑メールになっていないか確認した方がよいと思います。

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のマイルに変えてJALで使う

イベリア航空のAviosはBAに1:1で移行し、JALで使いたいと思います。


ANA特典航空券の変更ルールについての勘違い

ANA国内線特典航空券の変更ルール

ANAマイルを貯めているみなさんにとってはあったりまえすぎるほどの常識で、「何をいまさら」という感じかもしれませんが、最近になって特典航空券のルールについて大きな勘違いしていたことが判明しました。



私が勘違いしていたのはこの部分です。

 

※ご予約便の変更は、変更希望便出発日の4日前(搭乗日を含まず)まで、かつ元々のご予約便の出発前まで受け付けいたします。

 

特典航空券は4日前までしか変更できないとざっくり覚えていたのですが、正確には変更希望便出発日4日前なんですね。

私は元々の予約便の出発日4日前までに変更しなければならないと勘違いしていました。
3日を切ってしまったらもう変更できないのだと。。

しかし、ルールをよくよく読んでみると、元々の出発日当日の遅い便や、当日から3日以内への変更はできないものの、4日以上先の日を出発日に変更するのは元々の予約便出発時刻までは可能、というように読めます。

発券日翌日から90日以内までは変更できるので、それまでに搭乗すれば取消手数料(3,000マイル)をとられることはない、ということですね。

 

変更の可能性がある場合は特割等より特典航空券の方が吉

航空券を取る場合、普通運賃や往復運賃等の変更可能なものより、運賃が安い特割・旅割(JALで言えば特便・先得)等の割引運賃で買うことが多いかと思います。
しかし、安い運賃と引き換えにこれらの種別では変更・取消手数料がかかってしまいます。

私は妻が出産のため里帰りしていたため、何度も飛行機で往復していましたが、特に出産予定日前後の復路については変更の可能性があるため、なかなか購入できませんでした。

  • もし滞在中に産まれなかったら→いったん帰京する(産まれそうだという連絡が来たら現地へ向かう)
  • もし滞在中に産まれたら→配偶者出産休暇でしばらく妻の実家に滞在するため帰京日が延びる

そんな中、特典航空券はどうだろう?ということで、有効期限間近のマイル消化も兼ねて予約してみたところ、上記のような勘違いが発覚したわけです。

変更の可能性がある場合には割引運賃より特典航空券の方が無難ですね。

 

なお、British Airways(BA)の特典航空券でJAL便に搭乗する場合は、当日でも予約することができて使い勝手がいいので、急ぎで里帰り先へ向かう際にはこちらも活用しました。

 

 

マイルはJAL・ANAの二刀流でいきます

私は2016年からJAL派ですが、ANAマイルも並行して貯めています。
やはりマイルの貯まりやすさについてはANAに軍配が上がります。
ポイントサイトのポイントを90%で交換できるソラチカルートの存在は大きいですね。

 

JALはJGCを視野に入れているので、FLYONポイントを加算するために特典航空券ではなく通常通りに購入しつつ、ANAはマイルが貯まったら特典航空券で家族旅行に行きたいと思います。