まったりFLYON、目的地はJGC(仮)

いつかJGC会員になれる日まで、マイル貯めつつときどき旅を楽しみます。

日本シリーズ2017第6戦、勝敗を分けたピッチャーゴロ。

日本シリーズはソフトバンクが日本一に

DeNAが3連敗から2連勝と持ち直して福岡へ乗り込んだ、日本シリーズ第6戦。
ソフトバンクがDeNAを延長11回サヨナラで破り、4勝2敗で2年ぶりの日本一となりました。

プロ野球 - 2017年11月4日 ソフトバンクvs.DeNA - スポーツナビ

ピッチャーゴロの間に1点差にされたのが痛かった

スコアは3−1。8回裏1死3塁、柳田の場面。
ピッチャーゴロを捕った砂田が3塁ランナー城所を見て、1塁へ送球。
帰塁するだろうと思って1塁でアウトを取りに行ったのかもしれませんが、城所は3塁へ帰塁せず、そのままホームインして1点差に詰め寄られました。

あの場面、2点差はあったものの、追加点が見込みにくい状況では、まず得点を許さないというのが第一かと思っていました。
3塁ランナーは飛び出していたので、三本間での挟殺プレーに行くだろうと。
その場合、打者走者は少なくとも2塁までは進むでしょうから、0点に抑えられるという保証はありませんが、結果的に、9回にクローザー山崎康晃が内川にホームランを浴びて同点に追いつかれてしまいました。

もちろん、挟殺プレーはリスクもあるので、確実に1死とって8回を終えるのがベスト、という考え方もあると思いますが、強力打線のソフトバンク相手に、しかも一発のあるクリーンアップを迎えるにあたって、2点差であれば9回の攻め方も変わってくるので、まずは1点も与えないプレーが必要だったんじゃないかと。

まぁ、たらればの結果論を言ってもしかたないのですが。

延長戦はサファテの気合に負けた

延長戦となると、ホームであるソフトバンクが断然有利になります。そのうえ、武田、寺原、中田が控えていて、ブルペンにも余裕がありました。
そんな中、守護神サファテがまさかの3イニングを0点に抑えました。
今日3イニング投げるとなると、明日登板するのは難しくなりますが、今日この試合で日本一を決めるという意思表示だったんでしょう。

一方、DeNAは第4戦に先発した濱口をベンチ入りさせたものの、延長戦ではエスコバー、三上を投入。
正直言って、現状のリリーフ陣ではソフトバンク打線を0点に抑え続けるのは厳しいと考えて、CSと同じように先発陣をリリーフ投入するということも頭にあったんでしょうが、最後の最後で強気の継投ができなかったのかなと思います。

11回、宮崎の1塁への送球が逸れてダブルプレーを取れなかったこと、梶谷の本塁送球が手前でイレギュラーしたこと、いずれも紙一重のプレーでした。

2017シーズン終了

この日本シリーズ第6戦をもって、2017年シーズンは終了しました。
もう1試合見たかった。。

終わってみれば、ソフトバンクの攻守にわたる選手層の厚さが際立ちました。
2連敗したときは、DeNAはこのまま4タテされるんじゃないかと思いましたが、戦力差があっても、短期決戦を勢いで勝ち上がる可能性を見せてくれました。
今日先発した今永、優秀選手賞に輝いた濱口など、若手の活躍も光りました。

横浜が広島1強時代を突き崩してくれるか、来シーズンが今から楽しみです。