まったりFLYON、目的地はJGC(仮)

いつかJGC会員になれる日まで、マイル貯めつつときどき旅を楽しみます。

クラスJのJALビジネスきっぷで普通席を取るとどうなるか

片道分残っていた東京-大阪のJALビジネスきっぷ

以前買ったJALビジネスきっぷの有効期限がもうすぐ切れてしまうので、今回の但馬タッチ修行でなんとしても使わなければなりませんでした。

 

このJALビジネスきっぷはクラスJで往復購入していたのですが、修行日のクラスJは残念ながら満席(´Д` )

期限切れになっては困るので、「クラスJのきっぷでも普通席には乗れるだろう」と、JALサイトで普通席を予約し、予約番号には残っていたJALビジネスきっぷのクラスJのものを入力しました。

 

が、、座席指定しようと思ったら、「クラス違うからタッチ&ゴーはダメ、カウンター行け」とのこと。。

 

JALカウンターにて返金

しかたないので伊丹に着いてJALカウンターに行きました。

思えばJALでカウンターに来たのは初めて。

 

お姉さんに事情を話すと「クラスJ分の代金をいただいていたので、1,000円ご返金となります」とのこと。

1,000円戻ってくるとは思っていなかったのでなんだか得した気分です。

 

私は「クラスJのJALビジネスきっぷ」を買っていたつもりでしたが、JALビジネスきっぷ(本体)とクラスJ料金は別物で、あくまでビジネスきっぷとしては1種類しかない、ということなんですかね。

 

ちなみに、この場合カウンターでの座席指定になるようで、搭乗券が発券されてタッチ&ゴーはできませんでした。

(「後でアプリ使って自分でやります」といえばできたのかもしれませんが)

また、「もし遅れるようでしたらお電話ください」とも言われました。一度発券したらWEBでの変更ができなくなるのかもしれません。今回は遅延もなく無事乗れたので、電話はしませんでした。

 

クラス変更時は要注意

JALビジネスきっぷはFOP積算率100%ですし、変更が可能なのは便利ですが、直前でクラスJがとれない状況だと地味に面倒なことになるんだなーというお話でした。